もし、空腹を覚えずにダイエットできるとしたら?そんな方法あるわけないと思う方も多いと思います。

確かに食べたいだけ食べて1日の消費カロリー以上のものを摂取してしまったらダイエットにはなりません。

でも、スープダイエットは低カロリーで栄養も十分に取れるダイエットメニューです。

1週間で5キロ以上痩せたという声も稀ではありません。

これまで、長期のダイエットに苦しんでいた人はぜひ1週間のスープダイエットに挑戦してみてください。

空腹感を覚えずに体重を減らす

スープダイエット

スープダイエットとは

スープダイエットとは限定された脂肪を燃焼効果のある野菜を使い、1週間で効果を出すダイエット方法です。このダイエット方法の特徴は、たくさん食べても平気なこと、1週間で結果を出すことの2点です。

スープダイエットは元々、病院で心臓外科手術を行う際、安全に減量を行うために開発された食事方法です。スープは 3食分食べたとしても600~700kcal程度しかないので、他の食品と合わせても、摂取カロリーは1日当たり1,000kcl程度に抑えることができます。人によってはたった1週間で4~5kgのサイズダウンに成功した人もいます。

ここでは食べながら痩せるという、そんな夢のようなダイエット方法についてそのやり方・手順、効果、メリット・デメリット、リバウンドは?そして本当に痩せられるのかどうかといった疑問点など解説していきます。

これを見ればスープダイエットの全てが分かるように解説していきます。スープダイエットを実践し、1週間後、憧れのダイエットボディーを手に入れてください。

スープダイエットのやり方・ルール

ルール

食材

食材は脂肪を燃焼させる野菜のみを使います。詳しくは以下で紹介します。

期間

期間はたった1週間。WEBによっては、可能であればり1週間以上続けてもいいと言っているサイトもありますが、1週間で 4キロも 5キロも体重が減り続ける状態がずっと続くのは健康上よくありません。

一度、1週間で区切り、再開する場合には、健康状態や生活習慣がスープダイエット終了時に慣れてきてからにするのが良い方法です。

方法

3食、普通の食事の代わりに決められたスープとフルーツを食べるだけです。

ルール

1) お酒は飲まない

アルコールは脂肪燃焼を妨げるマイナスの効果があります。スープダイエットをする期間中はアルコールの摂取は抑えてください。

2) 甘味料はできるだけ取らない

糖質はダイエットする上での障害になります。例えば、ライザップでダイエットに成功している人は徹底的な糖質を排除したダイエットを行っています。野菜そのものから甘味が出てきます。

また、どうしても飽きてしまった場合には、甘味で誤魔化すのではなく、全体の味をアレンジしながら続けることが必要です。

3) 総摂取カロリー<総消費カロリーを守る

いくら食べてもいいからといって、1日の総摂取カロリーが1日の総消費カロリーを上回ってしまうと残ったエネルギーは体に蓄積されてしまいます。

時々、好きなだけ食べても大丈夫というサイトを見かけますが、それはあくまでも消費カロリーを多くした場合、つまり、運動をしてカロリーを消費した場合です。この点は間違えないように注意しましょう。

4) 炭水化物は控える

炭水化物の栄養は、ほぼ糖質でできています。ご飯好きの人には少々つらいダイエットかもしれませんが、1週間だけ我慢します。

炭水化物が含まれる代表的な食品には、米・麺類・パンなどがあります。玄米には食物繊維が含まれ、血糖値の上がり方も緩やかなのでダイエット食品として人気がります。

他に炭水化物が少ない食品としては、うどん、コンニャク、豆腐、たら、いわしを除く魚類、くらげ、さくらえび、タコ、鶏肉などがあります。

5) 飲み物は水・お茶・ブラックコーヒーのみ

糖質を避けるため、コーヒーは必ずブラックで。

期待される効果

スープ効果

では、スープダイエットで期待される効果にはどのようなものがあるでしょうか?

脂肪の燃焼

なぜスープダイエットによって脂肪が燃焼するのでしょうか?それは、デトックス、つまり体の中の老廃物を排出することによって体の代謝を高めるからです。

関連記事 : デトックスで健康に!効果のあるレシピやティーは?

食物繊維が含まれる野菜を摂取し、脂肪の原因となる糖質をカットすることによってダイエットしていくというものです。

スープダイエットに含まれる野菜には毒素を排出する効果があり、これをキレート作用といいます。

免疫力のアップ

ダイエットに含まれる野菜、例えばセロリなどは、免疫力を高める効果があります。

血液循環の改善による代謝アップ

タマネギなどは血液をサラサラにし、血液循環を改善する効果があると言われています。血液が循環するということは体が温まり、代謝がアップするといことを意味しています。

使用する野菜

スープダイエットでは野菜なら何でも使ってもいいというわけではりません。使っていいのは葉物野菜だけです。理由は根菜(根野菜)には糖質が多く含まれるものが多いからです。

キャベツ

ビタミンCやや食物繊維が豊富に含まれています。キャベツは煮ることによって活性酸素を除去する能力が5倍にもなると言われています。

タマネギ

タマネギはビタミンB6を多く含み、血液をサラサラにし、動脈硬化を予防する効果があると言われています。タンパク質(プロテイン)を含む食品と相性がよいと言われています。

セロリ

セロリはツンとした臭いが苦手という人も多いでしょうが、免疫力を高める効果がります。ビタミンA、ミネラル、カリウムを多く含んだ食材です。カリウムが不足すると不整脈やイライラの原因になったりします。

トマト

トマトはいろいろなところで健康食品として紹介されています。リコピンとβカロテンを豊富に含んだ野菜です。活性酸素を減らし、免疫力を高めます。

ニンジン

ニンジンも抗酸化作用のあるカロテンを含んでいます。また体を温める作用もあるので冷え性に効果があるともいわれています。

まいたけ

食物繊維が多く含まれています。グリスリンという成分が含まれ、内臓脂肪を燃焼させるといわれています

スープダイエットのメリットとデメリット

次にスープダイエットのメリットとデメリットをご紹介します。

スープダイエットのメリット

メリットデメリット

簡単に準備できる

作り方の基本は野菜を切って煮込むだけという非常にシンプルなものです。時間も20分もあれば3日分程度のものを作り置きしておくことができます。夏場は冷蔵庫に入れたり、寝る前に加熱したりしてスープが腐らないようにしましょう。

お金がかからない

エステサロンやジムに通って高額な会費を払う必要はありません。ダイエット食品もまた金額が高いものが多いものです。しかし、スープダイエットは、数種類の野菜と少しの調味料だけですから作り方によっては1食100円もかからずにできてしまいます。

食事できる

ダイエットで一番の問題点となるのが、食べたいのに食べられないという点です。スープダイエットでは、糖質の含まれた食品を除けばある程度の量を食べることができます。ですから、空腹感の少ないダイエットといえるでしょう。

スープダイエットのデメリット

では、スープダイエットのデメリットにはどんなものがあるでしょう?

飽きる

この点がスープダイエットの一番の問題なのですが、どんなに美味しいものでも1週間同じものを食べ続けて味付けを変えていかないと飽きてしまいます。

この味を変える作業が面倒な人にはあまり人気がありませんが、今ではたくさんのスープダイエットのためのレシピが出ていますし、料理好きの人にはさほど苦にならない、むしろいろいろな味に挑戦できておもしろいといえるのではないでしょうか。

急激な減量で体調を崩す

1週間で4kgも5kgも、もしくはそれ以上も体重を減らしていくわけですから、体が体重の変化についていけないことがあります。いくら効果があるといっても急激な体重の変化はお勧めできません。

糖質の減少

脳は糖質を必要としますが、スープダイエットでは甘味料は控えなくてはいけません。
あまりにも糖分が減ると(血糖値が急激に下がると)体内のたんぱく質を分解してアミノ酸からエネルギーを作ろうとします。そこでアミノ酸が不足します。

脳では情報の伝達物質にアミノ酸を必要としますが、このアミノ酸が不足すると脳の働きが衰える、なかなか頭がすっきりしないといった症状が出る場合があります。

組み合わせた方が良いダイエットメニュー

ダイエット組み合わせ

ダイエットをするうえで食事制限だけでは限界があります。そこで、そこである程度のエクササイズを取り入れた方がよいでしょう。エクササイズを同時にすることでダイエットメニューの効果は倍増します。

有酸素運動

有酸素運度は食べ過ぎた時(過剰にカロリーを摂取した時)にカロリーを消費する方法として有効です。マラソン、ランニング、水中でのウォーキングなどが有酸素運動です。

筋トレ(無酸素運動)

筋トレ(無酸素運動)は代謝を上げる筋肉を付けるための運動として有効です。有酸素運動で付く筋肉は遅筋(持久筋)と呼ばれ、無酸素運動付く筋肉は速筋(瞬発筋)と呼ばれます。

遅筋より速筋の方がより多くのエネルギーを消費するので脂肪を燃焼しやすい筋肉です。

呼吸法

呼吸法をダイエットに取り入れる場合は、腹式呼吸を意識します。腹式呼吸とはお腹が動く時の呼吸法です。

鼻から大きく息を吸いこんで、吸い込んだ時にはお腹は膨れます。そしてゆっくりと口から息を吐きます。この時お腹はへこみます。空気が入っている時にはお腹は膨らみ、空気が出た時にはお腹はへこみます。

腹筋運動になり、代謝も上がります。この時、おなかの丹田(おへその少し下のあたり)というツボを意識できればなお良いでしょう。

口コミ

ダイエット口コミ

良い評価だけではなく、悪い評価も紹介しますので参考にしてみてください。

良い評価

☆ 私の脂肪燃焼スープは、巷で出まわってる脂肪燃焼スープに+舞茸+シメジ+蒟蒻+生姜を入れてます。前回も、それで痩せたので。。。 今度は、食べても太らない身体を作る為に、ある程度体重を落としたら、このスープに鶏胸肉・ササミ(たんぱく質)をプラスして、筋トレしながら、頑張って行きたいと思います。 (30代女性)

出典 : @niftyスポーツクラブ https://sportsclub.nifty.com/ft_diet/00019/kuchikomi/

スープダイエットに成功されている方は、ただスープを飲むだけではなく炭水化物をとらないよう、またタンパク質を多く取るように食事の種類を変えたり筋トレをしたりしているようです。

☆ 私の場合ですが、筋トレも結構しているので胸肉を大量に入れます。またスープに大量の豆乳も入れます。これでタンパク質も補給できます。

出典 : Yahoo!知恵袋  http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10144871720

女性ならダイエットをするときにバストが小さくなることを気にしますよね。ダイエットしながらバストアップし、筋肉が落ちないようにするするためにはタンパク質(プロテイン)の摂取が必要不可欠です。

悪い評価

☆ 仕事場でも、お昼に持っていって食べてます。 便通が、良くなり、毎食後トイレに行きます。 ただ、他の方も書いてますが、頭痛があります。 1週間経ちますが、まだ、頭痛します。 (女性)

出典 : @niftyスポーツクラブ https://sportsclub.nifty.com/ft_diet/00019/kuchikomi/

すでに書きましたが、糖質が減ることによって脳内の伝達物質がうまく機能しなくなる場合があるようです。基本糖質はNGなのですが、体調が思わしくない場合は思い切って糖質をとることをお勧めします。

☆ 20歳で身長166cmなら、基礎代謝がかなり高いはずですから、カロリー制限して痩せないはずはありません。まだまだ自分に甘いところがあるんだと思いますよ。ストイックに、もっと自分をイジメましょう。

出典 : Yahoo!知恵袋  http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10108193750

20代女性の質問に対する回答として書かれたものです。人によってはすぐに効果が出ず、半信半疑になっている人もいます。痩せにくいる、体質(脂肪を燃焼しやすい筋肉が付いていない)など個人差がありますので、体質の改善から始めた方がよい場合もあります。

リバウンドについて

ダイエットで気になるのがリバウンドです。

☆ 一週間やり切りました!結果-2.6キロ。 しかしダイエット中の禁欲生活がつらく苦しい、終了後にアレもコレもと食べまくりリバウンド。+3.6キロ・・・ なにやってるこっちゃわからんわ。(30代女性)

出典 : Panasonicの会員サイト http://club.panasonic.jp/blogs/diet-way/meal/mg323.html

急激なダイエットは体を飢餓状態(少しのエネルギーでもできるだけ体が吸収しようとする状態)になりますので、ダイエット後のカロリーの摂取はかなり控えめにしないといけません。

☆ 思うに、重要なのは1週間やりきったあとの食事です。ここで食べ過ぎたらおそらくリバウンドしますので、1週間が終わってから、少なくとも3日ほどは、控えめな食事を心がけた方がいいと思います。(30代女性)

出典 : Panasonicの会員サイト http://club.panasonic.jp/blogs/diet-way/meal/mg323.html

リバウンドしないようにするために一番大切なことは、食事を徐々に普段の状態に戻していくということです。このように、普段の食事に戻る過程で食べる食事のことを回復食といます。回復食には玄米を用いた食事をしましょう。玄米はミネラル、ビタミン、食物繊維を含んでいます。

おススメレシピ

ダイエットレシピ

基本メニュー

作り方はとても簡単。材料を適当な大きさに切って煮込むだけ。材料は上にのべた次の6つ。キャベツ(半玉)、タマネギ(3個)、セロリ(1本)、トマト(1缶)、人参(1本)、まいたけ(1パック)。

後はコンソメやチキンスープの素、塩、コショウを加えて味付けをします。10~15分煮込んで、しんなりしてきたら完成。後々アレンジすることを考えて最初はシンプルな味付けにするとベターです。

アレンジ

ずっと同じものばかり食べていると、どんなに美味しい食事でもどうしても飽きてきます。そこで、どんどんアレンジして自分だけのオリジナルスープダイエットメニューを作ってみましょう。

残りのスープの味をいっぺんに全部変えてしまうと、味付けに失敗したりまた飽きてきた時に取り返しのつかないことになったりするので、別の鍋に小分けして 1食分ずつアレンジしていくのがお勧めです。

人気のあるメニューとしては、次のようなものあります

  • カレー
  • キムチ
  • 豆乳

その他として、もやしやマロニーちゃんなども隠れた逸材です。ずっと煮込んでいると野菜は食感がなくなってくるので、コンニャクや豆腐など低カロリーのものを入れて工夫しましょう。

夜だけスープダイエット

3食ともにスープにするのはちょっと無理という人は夜だけスープダイエットメニューにするのはおすすめです。3食ともスープにするほど効果はりませんが、就寝前に取り過ぎがちなカロリーを抑えてくれる効果があります。

夜消費されないエネルギーはそのまま蓄積され脂肪になっていきます。普段から夜に暴飲暴食をせず、摂取したエネルギーはその日のうちに消費してしまうことが大切です。理想としては、朝:昼:夜が3:5:2ぐらいになるのが良いカロリーの取り方です。

1週間のスープダイエットメニュー

1週間ダイエット

スープダイエット1日目

スープとフルーツだけの日

ただし、フルーツでもバナナは初日には食べていけません。リンゴとバナナを比較すると同じ100gあたりで脂質は0.1gと0.2g、炭水化物は15gと25g、カロリーは54kcalと86 kcalのように、脂質や炭水化物(糖質)、エネルギーを取り過ぎないようにするためにバナナは控えるようになっています。

リンゴとバナナの栄養素(100g当たり)リンゴバナナ
脂質0.1 g0.2 g
炭水化物15 g25 g
エネルギー54 kcal86 kcal

スープダイエット2日目

スープと野菜だけの日

調理するときにバターや油を使わないようにしましょう。また、豆やスイートコーン、砂糖は禁止です。

スープダイエット3日目

スープとフルーツと野菜の日

フルーツと野菜を好きな組み合わせで食べることができます。ただし、ベイクドポテトはNGです。

スープダイエット4日目

スープとバナナとスキムミルクの日

バナナとスキムミルクをミキサーにかけてフルーツジュースのようにしてもいいですし、野菜と混ぜてスムージーのようにするのもお薦めです。

関連記事 : 10秒でカロリーオフ!ミキサー入らずのスムージーおすすめ5つ

スープダイエット5日目

スープと肉とトマトの日

いよいよ肉が食べられる日です。牛肉でもいいですが、一番のおすすめは鶏肉です。鶏肉は脂質が少なく、筋トレなどでもよく使われる スーパー食材です。

スープダイエット6日目

スープと牛肉と野菜の日

牛肉は食べても大丈夫ですが、ここででもベイクドポテトはNGです。

スープダイエット7日目

玄米と野菜とフルーツジュースの日

最終日は通常食に戻すための準備として玄米などを取り入れます。

まとめ

まとめ

食べながら痩せられるというのは非常に魅力的なダイエット方法です。病院で取り入れられたダイエット方法だけにきちんと実行すれば非常に効果のあるダイエット方法です。

他方で、急激な体重の変化や糖質不足による脳内の活動が不活発になるといった危険性もあるので、こういった点に十分注意した上でダイエットしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る