カロリー摂取を減らして消費カロリーを増やすのが痩せる基本になりますが、言葉にするよりも簡単ではありません。そこで効果的なダイエット方法として簡単に取り組むことができることから有名になったのが置き換えダイエットです。それに有酸素運動を組み合わせることによって、さらに効率よく痩せることができます。

置き換えダイエットと有酸素運動を取り入れると効率よく痩せられる

走る男女

まずカロリー摂取を軽減させることが重要ですので、置き換えダイエットを取り入れましょう。

摂取カロリーを抑えるだけではなく、脂肪の原因となる糖や脂質も減らすことができ、代謝をあげる酵素も取り込むことができる商品もあります。最近では空腹感を満たすことができますので、効率良く食生活に取り入れることが可能です。

それと同時に行ってほしいのが、有酸素運動になります。酸素を使って脂肪を燃焼させる効果があることから痩せやすい運動として注目を集めています。置き換えダイエットに有酸素運動を取り入れるのとそうではないのでは、まったくカロリー消費量が異なりますので、痩せたい方は両方取り組みましょう。

置き換えダイエットの基本

カロリーを軽減させることが基本になりますので、独自で取り組んでも構いませんが、ビタミンやミネラルそしてたんぱく質であるプロテインが必要になります。食事の管理が難しくなることから、置き換え専用のダイエット食品を用いると成功しやすくなります。

カロリーを軽減させることができますので、痩せる基本を忠実に遂行できます。その遂行に効果的な役割を果たすのが置き換えダイエット専用の食品と考えてください。

有酸素運動が痩せやすくなるメカニズム

酸素を使って筋肉を動かし、脂肪をエネルギーにする運動になることから痩せやすくなります。代表的な運動は、ウォーキング・ジョギング・水泳・自転車です。肝心なのが軽から中くらいの負担を掛けることを基本としてください。それ以上になると、筋肉中心の運動になり、無酸素運動状態になります。あくまでも脂肪を燃やすことが目的ですので、きつくならない程度に、できれば30分以上取り組むと効果的です。

筋トレとの組み合わせで、さらに効率よく脂肪燃焼できる

筋肉をつけることによって基礎代謝があがります。普段の生活をしている中でもカロリーは消費されており、その効率性が高まりますので、一定の筋力をつけることがおすすめです。有酸素運動をする前に筋トレに取り組みましょう。

もうひとつ痩せる効能があります。筋トレによって筋肉を修復する成長ホルモンが分泌されます。このホルモンこそ脂肪燃焼に効果を発揮しますので、順番は無酸素運動である筋トレから有酸素運動に移行するのがおすすめです。

どちらも生活に取り入れることが大切

階段上る

運動に取り組まないといけないことから大変だと感じることもあるでしょう。置き換えダイエットはダイエット食品に頼ることでそれほど難しくなく生活に取り組むことができますが、運動となると話が別です。しかしそう難しく考えないでください。

ちょっとしたことで有酸素運動を生活に取り入れることができます。今まで公共の交通機関を使っていたけれど少し歩くことから始める、エレベーターやエスカレーターではなく階段を使うだけでも有酸素運動になります。継続する時間が重要になるのが有酸素運動ですが、生活に取り入れるだけでもカロリー燃焼は大きくなります。「30分続けないといけない」と意気込まずに、まずは生活に運動を取り入れましょう。

置き換えダイエットはプロテインなどいろいろある

カロリーの摂取を抑えるのが基本になり、それを効率よくさせるのがダイエット食品です。置き換えダイエット専用の商品も多くありますので、自分が好きなものを選んでください。高たんぱく質が含まれている食品は、基礎代謝を上げる効果がありますので、ダイエットと相性が良いです。プロテインとなると不味い印象がありますが、最近は美味しい商品も増えています。

スムージーやドリンクタイプの商品もあります。こちらはプロテインのようにシェイカーが必要なく水に混ぜるだけですので簡単に取り組むことができます。置き換えダイエットになりますので、なるたけ口コミなどから満腹感を得られる商品、そしてビタミンやミネラル・たんぱく質や酵素が含まれている商品を選びましょう。

運動はジムで筋トレなどを組み合わせないとダメ?

ランニングマシン

できればジムに行くと取り組みやすくなりますが、この行為が直接ダイエットに結びつくわけではありません。正しい方法でトレーニングができるのがジムになりますが、生活のなかに取り入れるだけでも効果は十分です。

忙しい方であっても、夜に30分ほどであれば時間をとれることもあります。そのときにウォーキングをすると良いでしょう。夜になりますので、発光するアイテムや反射材などをつけて安全を確認した上で行ってください。朝起きたら太陽を浴びてジョギングを30分間ほど行うのもおすすめです。身体が目覚め、太陽光によって幸せホルモンであるセロトニンの分泌も促進されることから、自律神経を整えることにも貢献します。

なにもジムで行う必要はありません。自分が求めたい身体になりたいのであれば通うことを検討すれば良いです。ひとりだと気後れしてしまうこともあるでしょう。いきなり水泳なんていっても、体型が気になることで水着になることに抵抗感もあるはずです。

だからこそ無理なく生活のなかで取り組むようにしましょう。なにもジムにまで求めなくても、置き換えダイエットと生活に取り入れる有酸素運動でも十分機能します。あくまでも無理なく取り入れることを考えてください。

置き換えダイエットは夜にするのがおすすめ

3食のうちどこを置き換えるのかが問題になってきます。夕食にカロリー摂取が多くなる傾向がありますので、こちらを置き換えることをおすすめします。ただそのときに良質なたんぱく質がダイエットには欠かせませんので、朝食や昼食に関心を持ってください。軽く済ませるようなことになると、栄養バランスを欠くことになります。

食事だけ行うだけでもカロリーが少なくなることから痩せやすい身体になりますが、そこにエネルギーを必要とする運動を取り入れることで効率よく痩せることができます。最初は辛いこともあるでしょうが、無理をしない程度に取り組んでください。

関連記事

ページ上部へ戻る