自分の腸内チェックしてみたくないですか?

今回は、腸内環境を整えると得られる効果やチェック方法を書いていきます。

チェックシートも掲載してありますので、ぜひ参考にしてくださいね!

腸内環境をチェックしよう!

腸内環境
腸内環境とは、大腸の環境のことを言います。

これは健康維持に重要な器官となっています。

大腸には、多くの細菌がいて、その数は数十兆ともいわれているのです。

この細菌が腸内の壁を覆うように集まっていて、それが花畑のように見えるので「腸内フローラ」と呼ばれることもあります。

こんなに多くの細菌が存在しているんですが、実は3つに分類することができます。

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和菌

この3つになります。

腸内の善玉菌20%、悪玉菌10%、日和菌70%となっていて、善玉菌は、ビフィズス菌や乳酸菌のことを言います。

悪玉菌は、腐敗物質を発生させるウエルシュ菌や大腸菌のこといい、善玉菌にも悪玉菌にも該当しない菌を日和菌といいます。

善玉菌が悪玉菌に対して多くあれば、日和菌は善玉菌の味方となり、体にいい影響を与えてくれます!

善玉菌は乳酸菌とも言われていて、近年どんどん研究が進んでいます。

腸内環境を整えると良い効果が

からだに嬉しい
腸内環境を整えるだけで体にうれしい効果がたくさんあるのは知っていましたか?

ここではその効果を6つ紹介します。

①便秘・下痢の解消

腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが正しく保っていれば、便秘や下痢は起こりません。

便秘や下痢は悪玉菌が善玉菌よりも多くなってしまった時に起こる症状なので、腸内のバランスが改善されれば自然とこの問題は解消されます!

②ダイエット効果

上で悪玉菌が善玉菌よりも多くなってしまうことで便秘がおこると書きましたが、便秘が解消されればポッコリお腹が解消され、ウエストが減ります!

さらに、腸内の血行が良くなり、体内の内臓の働きが活性化します。

内臓の動きが活性化すると、代謝がアップし、痩せやすい体を作ってくれます。

③高血圧改善

腸内に善玉菌(乳酸菌)が増えるとラクトトリペプチドという成分を生み出すんですが、この成分が血圧をあげてしまう、アンジオテンシン変換酵素という働きを抑えてくれる効果があります。

このため、血圧が上がってしまうのを防いでくれるのです。

④免疫力の向上

善玉菌の中には免疫力をアップしてくれるものがあります。

この免疫力をアップさせる善玉菌が、ナチュラルキラー細胞という細胞を活性化してくれます。

人の体にはない細胞なのですが、体に異常や細胞を認識し、攻撃してくれます!

⑤美肌

美肌
腸内細菌がビタミンを合成しているというのは知っていますか?

ビタミンはコラーゲンの生成にも欠かせない成分で、腸内環境を整えるだけで美肌になることができるのです。

⑥セロトニンの分泌促進

セロトニンとは脳内から分泌される物質で、体が軽い、気持ちを落ち着かせてくれます。

女性は、このセロトニンの分泌が多いほど、生理前症候群や、生理痛が軽くなるともいわれています。

セロトニンは、アミノ酸から合成させるんですが、その合成する過程で腸内細菌が生み出す葉酸・ビタミンB6が欠かせません。

⑦コレステロール値のコントロール

コレステロールを善玉菌の一部が吸収してくれる効果があるのは知っていましたか?
生活習慣病の予防にも効果があるので、もしコレステロール値でひっかかっている方!ぜひ腸内環境を改善してみてください。

腸内環境をセルフチェック!

チェック
では実際に自分の腸内環境を、以下のリストでチェックしてみましょう!

□便はバナナの形をしている
□毎日便が出る
□おならが毎朝出る
□決まった時間に便が出る
□朝食を食べている
□よく噛んで食べている
□3食欠かさず食べている
□生野菜を積極的に食べている
□発酵食品がすき(納豆・キムチなど)
□和食がすき
□肉より魚がすき
□魚は煮魚より刺身派
□食事は寝る2時間前に済ませている
□毎日6時間以上の睡眠をとっている
□寝る時間が決まっている
□肌の調子がいい
□アレルギーを持っていない
□1日の中でしっかり休息をとっている時間がある
□ストレスをため込まない

どうですか?

チェックが多ければ多いほど腸内環境はいいということになります。

チェックが5つ以下の方は、腸内環境が悪化しているサイン!

今すぐ腸内環境を整えることが必要になります。

さらに6~10個の方は、危険信号!今の生活を続けていると、腸内環境が悪化してしまう可能性があるので注意してくださいね。

腸内環境の他のチェック方法

腸内環境
では最後はセルフチェック方法のほかに2つのチェック方法を紹介しておきます。

1.病院で検査

胃腸科、美容外科、皮膚科といったところで、腸内フローラ検査を受けることができます。

便をDNAをとり、腸内細菌の生息割合を調べます。

細菌の割合以外にも便の水素イオン指数(pH)も調べます、

腸内は弱酸性なので、pHが低ければ腸内環境はいいという結果になります。

病院で調べる場合、全額自己負担となり、数万円ほど費用が掛かってしまいます。

2.検査キット

1万円前後で購入できる検査キットを使って腸内をチェックすることができます。

インターネットで気軽に購入することができ、自宅で便を採取して郵送するだけなんです!

検査毛かはインターネット状で確認できますし、結果を郵送してくれるところもあります。

病院にいって高額なお金を払わなくても、自宅で簡単にチェックできてしまうんですね。

【まとめ】
腸内環境まとめ
いかがでしたか?

今回は腸内環境のセルフチェックについてみてきました。

最後はこの記事のまとめです。

  • 腸内は、善玉菌、悪玉菌、日和菌の3種類の菌から主に構成されている
  • 腸内環境を整えることで、体にさまざまな効果がある
  • 腸内環境はセルフチェックのほかに病院での検査、自宅で検査キットを購入しての検査がある

以上3つが今回のまとめとなります。

腸内環境は整えれば必ず体にいい効果があります。

そして生活習慣で、簡単に崩れてしまう繊細なものです!

ぜひ日頃から便の状態や自分の生活スタイルを見直してみてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る