活性酵素という言葉を聞いたことありますか?

体をサビさせ、老化をまねく美容には大敵の酵素になっているんですが・・・

実は紫外線を浴びるだけでも発生します。

そこで今回は活性酵素の基礎知識から、紫外線で活性酵素が増えるとどうなるのか、活性酵素を減らす方法などなど活性酵素の疑問をすべて解決していきます。

ぜひ参考にしてくださいね。
活性酵素
出典 : http://www.biranger.jp/

そもそも活性酵素ってなに?

活性酵素とは
活性酵素とは、体を「サビ」させる酵素のことを言います。

体がサビるということは、酸化させるということをいい、老化の原因にもなるんですよ。

私たちが日ごろ吸っている酸素が体内入ることで活性酵素が発生してしまうんです。

活性酵素は、白血球がつくる出している成分で常日頃から生成されています。

この活性酵素によって一つの細胞がサビてしまうと、その周りの細胞を次々と酸化させていってしまうんです。

ではどんなときに活性酵素は発生するのでしょうか?

  • 細菌やウィルスに感染したとき
  • 食品添加物を摂取
  • ダイオキシン、電磁波
  • 喫煙
  • 肥満
  • 激しい運動
  • 紫外線や大気汚染

以上が活性酵素が発生する原因になります。

紫外線と活性酵素については次で詳しく書いてきますね。

活性酵素の発生要因は、身近にあり、避けられない状態なんですね・・・。

紫外線で活性酵素が増えると・・・

紫外線
紫外線を浴びると、肌の中で活性酵素が発生するのは知っていましたか?

ここではそのメカニズムについて詳しく見ていきますよ!

紫外線を浴びてに肌に活性酵素が増えると

「肌の老化」

が進行します。

まず、肌は紫外線を浴びると、肌を守ろうと活性酵素を発生させます。

この活性酵素が発生すると、メラニン色素が作られます。

このメラニン色素が作られると、シミや黒ずみといったトラブルが起こります。

さらに、肌の張りに欠かせないコラーゲンやエラスチンといった肌を若々しく維持するたんぱく質を破壊してしまうんです!

エラスチンや、コラーゲンが破壊されると想像つく方もいると思いますが、肌の弾力が失われ、シワやたるみといった老化を促進させてしまうんです。

さらに、活性酵素により、肌のバリア機能が低下し、皮膚が乾燥し敏感肌になることもあるんですよ!

最悪の場合、皮膚がんを引き起こす原因にもなります。

そして肌のほかに目にも悪影響があるって知っていましたか?

目に活性酵素が発生すると、眼球の中にある水晶体という部分が変化を始めます。

この水晶体が変化すると、白内障のリスクがぐっと高くなります。

また、結膜も傷つく原因となるので、目が痛くなったりかゆくなったりというトラブルも起こりやすくなります。

活性酵素を除去・減少する方法は?

紫外線除去
では最後は紫外線をあびてしまって活性酵素ができてしまったときの除去方法を書いていきます。

この除去方法は、紫外線対策以外に、体内の活性酵素を除去にも役立つのでぜひ一読してみてくださいね。

①抗酸化力を高める

まず体内の活性酵素を除去する最大の方法がこの抗酸化力を高めるということです。

抗酸化力には活性酵素の発生や酸化を抑える効果のほかに、活性酵素によってダメージをうけてしまった体を修復するという機能も持っているんですよ。

抗酸化力とは正式には、「抗酸化酵素」といわれるもので、活性酵素を無力化し、老化防止になります。

この抗酸化酵素は、年齢とともに減少していき、40歳を境目に急激に減少していきます。

つまり、40歳で活性酵素が発生し続け、抗酸化力を高めておかないと、どんどん老化していってしまうんですよ!

抗酸化酵素を高めるためには、抗酸化成分がある食べ物を積極的に摂取することが大切です。

  • セサミノール:ゴマ
  • ビタミンC・E:ナッツ類や果物・野菜
  • ポリフェノール:コーヒー、紅茶
  • リコピン:トマト
  • フラボノイド:玉ねぎやしそ
  • カテキン:緑茶
  • βカロテン:みかん、甘夏、緑黄色野菜

以上が抗酸化成分が配合されている食材の代表例になります。

日頃からこれらの食品をとることで、体内の抗酸化力を高めることができ、活性酵素を除去することができますよ!

②紫外線を避ける

肌の活性酵素をなるべく発生させない、減らすには、紫外線対策は欠かせません!

毎日日焼け対策していませんか?

曇りの日でもきちんとUVケアしていますか?

家の中にいるだけで紫外線はあびているとい割れています。

外に出るときは日焼け止めや、日傘、日陰をあるくといった紫外線を極力あびないようにしましょう。

お肌のUVケアを日々の日課にしてしまいましょう。

③禁煙

禁煙
タバコは、体内の活性酵素を増やしてしまうと知っていましたか?

またタバコに含まれるタールには発がん性物質が含まれていて、細胞への負担もかなり大きいんです。

これは吸っている人に限らず、副流煙を吸っていても同じこと。

タバコを吸っている方は今すぐやめることをおすすめします。

実は、私の職場の方が以前美容関係の仕事をしていたことがあり、教えてもらったことがあるんですが・・喫煙を続けている女性の方は一気に老け顔に見えるそうです。

さらに、シミの数も多いと・・喫煙により活性酵素が増えてしまっていんですね。

若いうちはいいですが、年齢を重ねるごとに確実に肌に出てきますよ!

④アルコールの量を減らす

アルコールを飲むとそのアルコールを肝臓で分解するときに活性酵素が発生します。

適量のお酒は体にとってもいいですが、飲みすぎると分解する量も増え、活性酵素も増加してしまいます。

お酒が強い方は抗酸化作用も強いという傾向がありますが、弱い方は分解できる量も少ないので、どんどん体内に活性酵素が増えていってしまうので注意が必要です。

⑤ストレスをためない

ストレスは体にとって害でしかなく、ストレスがたまると、このストレスと戦うために副腎皮膚ホルモンというものが体内で生成されます。

このホルモンがストレスと戦うときに活性酵素が発生してしまうんです。

このホルモンはストレスがため込みすぎると発生するので、ため込む前に発散することがとても大切です。

まとめ

いかがでしたか?

今回は紫外線と活性酵素についてみてきました。

最後はこの記事のまとめです。

  • 活性酵素は、体を酸化させ老化してしまう酵素
  • 紫外線を受けると活性酵素が発生し、シミやしわ、たるみの原因となる
  • 目に活性酵素がふえると白内障の原因となる
  • 活性酵素を除去するには抗酸化力をつけることが大切

以上4点が今回のまとめとなります。

日頃からUVケアをしないと将来後悔することに・・・

ぜひ今すぐ日焼け対策を初めてくださいね♡

関連記事

ページ上部へ戻る